伐採された桜の活用②加工

2023年6月にアップした伐採された桜の活用①ご相談の続きとなります。

今回は、桜の木を伐採してからスプーンになるまでの簡単な流れをご紹介させていただきます。

1、桜が咲き終わった4月に、桜の木を伐採し、引き取りを行いました。

2、引き取り後は製材所にて製材を行いました。

3、製材された後、乾燥させます。

4、乾燥された木をスプーンの形に加工します。 (園の先生に見学に来ていただきました)

桜の木がスプーンの形に加工され、今度はこのスプーンをどうするのか…、また進捗をホームページにアップさせていただきます。

その他の記事

【豆知識】ケヤキの木について

このコーナーでは、私たちTree to Greenが、よく使用する木についての解説をします! 今回のテーマは「ケヤキ」。 ケヤキは北海道を除く、日本中のあらゆるところに生えており、外を歩いていれば、必ずどこかで目にします […]

身長計 卒園記念品制作

目黒区にある育英幼稚園さんにて、卒園記念品制作を行いました。 今回は初めて、発案から保護者の方と連携をし、園へ寄贈する卒園記念品の制作・取り付けまでをご一緒させていただきました。 保護者の方との打ち合わせはZOOMを使っ […]

伐採された桜の活用②加工

2023年6月にアップした「伐採された桜の活用①ご相談」の続きとなります。 今回は、桜の木を伐採してからスプーンになるまでの簡単な流れをご紹介させていただきます。 1、桜が咲き終わった4月に、桜の木を伐採し、引き取りを行 […]


まずはお気軽に
ご相談ください

ご依頼・ご相談はこちらから!
ヒアリングをし、悩みや課題に寄りそいます。